記事一覧

ハードディスク

安心して企業活動しよう

データ復旧を専門とする業者の利用目的は、破壊されたデータを早期に復旧させることで企業活動を安定的に行なう点にあります。活用方法としては専門業者と年間保守契約を締結することで、データ破壊を未然に防ぐ点が挙げられます。
ハードディスク

失敗しない業者選び

データ復旧業者を選ぶときはセキュリティ対策をしっかり行っているのか確認しましょう。また専用設備や最新機器の導入を行っているのかも重要な部分です。他にも復旧率や大手企業との取引実績なども調べて業者を選ぶのが安全です。
男性

種類についての基礎知識

データ復旧が必要になる障害には、機器自体には問題がない論理障害と、機器自体のダメージによる物理障害があります。論理障害は専用ソフトで復旧できる場合もありますが、物理障害ではソフトも使えないので専門業者に依頼する必要があります。
パソコン修理

費用に関する基本情報

データ復旧を専門業者へ依頼する場合の費用相場は、ごく軽い論理障害の場合だと2万円〜5万円程度になります。そして、重い論理障害の場合は5万円〜15万円程度で、機器自体が破損した物理障害の場合は20万円〜50万円程度が相場だと言えます。
PC操作

業者を利用してレスキュー

大切なデータを復旧させるときにはデータ復旧業者を利用しましょう。本サービスを選定するときには成功率を考慮します。また大手の依頼をたくさん受けている業者などは信頼できます。他にもセキュリティ対策をしっかりしている、実態がある業者なら安心です。

種類や料金の基礎知識

ハードディスク

障害の種類や料金について

データ復旧とは、ハードディスクなどの記憶装置が何らかの原因でトラブルを起こしたためにアクセスできなくなったデータを、復旧させることを指します。それをおこなう方法としては、軽度の場合であれば有料や無料の専用ソフトを使う方法もありますが、重度の場合は専門業者へ依頼することが必要です。ただし専用ソフトでも対応可能な軽度の場合でも、操作の間違いによってデータ復旧ができない状態にしてしまうこともあるため、確実性を求めるのであれば自分で何とかしようとせずに業者へ依頼したほうが無難です。軽度の症状には、記憶装置自体に問題がなく、誤ってデータを消してしまうなどした場合の「論理障害」があります。そして重度の症状としては、記憶装置自体が破損や水没などでダメージを受けてしまった「物理障害」があると言えるでしょう。こうした症状の重さの違いは、復旧サービスの料金にも反映され、症状が重いほど高額になる傾向にあります。実際の料金については、論理障害の場合だと数万円〜15万円程度で、より症状の重い物理障害だと20万円〜50万円程度が相場だと言えるでしょう。また記憶媒体には、ハードディスクのほかにもSSDやUSBメモリーなどがありますが、専門業者ではそうしたさまざまな記憶媒体にも対応しています。USBメモリーのデータ復旧に関しては、メモリー容量によって料金が変わり、4GB未満なら6万円〜8万円程度ですが、128GB以上だと10万円程度かかることがあると言えるでしょう。

RECOMMEND POST

ハードディスク

安心して企業活動しよう

データ復旧を専門とする業者の利用目的は、破壊されたデータを早期に復旧させることで企業活動を安定的に行なう点にあります。活用方法としては専門業者と年間保守契約を締結することで、データ破壊を未然に防ぐ点が挙げられます。
ハードディスク

失敗しない業者選び

データ復旧業者を選ぶときはセキュリティ対策をしっかり行っているのか確認しましょう。また専用設備や最新機器の導入を行っているのかも重要な部分です。他にも復旧率や大手企業との取引実績なども調べて業者を選ぶのが安全です。
男性

種類についての基礎知識

データ復旧が必要になる障害には、機器自体には問題がない論理障害と、機器自体のダメージによる物理障害があります。論理障害は専用ソフトで復旧できる場合もありますが、物理障害ではソフトも使えないので専門業者に依頼する必要があります。

Copyright© 2019 論理障害や物理障害といった原因の違いや料金、そして対応可能な記憶媒体について紹介 All Rights Reserved.