記事一覧

費用に関する基本情報

パソコン修理

業者へ依頼する際の費用相場

データ復旧を専門業者へ依頼する場合、一番気になるのは費用がどれぐらいかかるのかということかもしれません。復旧にかかる費用は、どれぐらい症状が重いかによって変わってくるのが特徴であり、症状が軽いほど安く、重いほど高くなります。まず、軽い症状としては「論理障害」と呼ばれるものがあり、こちらは機器自体には問題がなく、データを誤って削除したりOSにエラーが出た場合などに起こるものになります。この論理障害のうち、ごく症状が軽いものであれば専用ソフトを使ってデータ復旧をすることも可能です。しかし、安全性や確実性を求めて業者へ依頼する場合は、ごく軽症のものだと2万円〜5万円程度が相場になります。そして同じ論理障害でも、パソコンを初期化してしまった場合などは重度の論理障害になるため、費用も5万円〜15万円程度と高くなるでしょう。さらに、論理障害よりも重症なのは「物理障害」と呼ばれるものがあり、こちらはハードディスクなどの機器自体が水没や破損、経年劣化したことが原因となる症状になります。こうした物理障害の状態にある場合は、無理にパソコンを稼働させようとすると症状が悪化してデータ復旧が不可能になる恐れもあるため、すぐに電源を切ることが重要です。それに物理障害の場合は専用ソフトを使うことも不可能なので、専門業者へ依頼するしかありません。その場合の費用相場は20万円〜50万円程度だと言われており、症状がより重い分、高額になると言えます。

Copyright© 2019 論理障害や物理障害といった原因の違いや料金、そして対応可能な記憶媒体について紹介 All Rights Reserved.