記事一覧

種類についての基礎知識

男性

障害の種類とその特徴について

何らかの原因によってハードディスクなどに障害が発生し、データにアクセスできなくなった場合は、復旧サービスを提供している専門業者を利用すると便利です。しかしそうした障害には、大きくわけて「論理障害」と「物理障害」の2種類があり、それぞれに特徴が異なっています。まず「論理障害」とは、ハードディスクなどの機器そのものに問題があるわけではなく、誤ってファイルを削除したり、停電などで突然電源が切れたりした場合に発生する障害を指します。この場合、機器そのものは無事なので、市販されているデータ復旧の専用ソフトを使うことで復旧することも可能です。専用ソフトはインターネット上でも無料配布されているので、費用をかけずに試してみることもできるでしょう。しかしこうした専用ソフトは万能ではありませんし、自分でどうにかしようとする過程で誤ってデータを上書きしてしまうと二度とアクセスできなくなる恐れもあります。そのため、どうしても失っては困るという場合や確実性を求める場合は、安易に専用ソフトを使うのではなく、専門業者に依頼したほうが安全です。一方の「物理障害」とは、ハードディスクなどの機器そのものが、水没や破損などによってダメージを受けていることが原因になっている障害を指します。この場合は専用ソフトを使うことも不可能なので、ダメージを拡大させないためにすぐに電源を切って、専門業者へ依頼する必要があります。またデータ復旧サービスの料金については、ハードディスクの場合、論理障害は5万円〜13万円程度で、物理障害は13万円〜40万円程度というのが相場です。

Copyright© 2019 論理障害や物理障害といった原因の違いや料金、そして対応可能な記憶媒体について紹介 All Rights Reserved.